Top > 用語集
HTML convert time to 0.013 sec.


用語集

Last-modified: 2016-11-04 (金) 22:20:58


用語(あ〜お) Edit

用語意味 
垢 ( アカ )アカウント の隠語 ( ハンゲーム に於いては ID ) 。因みに複垢とは別 ( サブ ) ID の事。複垢で同一 サーバー で プレイ すると BAN の対象となる。
赤い
[ 体言 ]
体言 ( 名詞や代名詞 ) に附いてそれが敵性勢力である事を表す形容詞。例 : 赤い飛行機, 赤い爆撃機等。例えば 「 貴公に赤い飛行機を送る 」 と云われた場合, 「 攻勢に出るので覚悟せよ 」 ぐらいの ニュアンス となる。一応は形容詞なので活用はするが, 今迄のところ少なくとも筆者は 「 赤かろう 」 「 赤かれ ( ← 命令 ) 」 といった用いられ方を見た事は無い。逆に格助詞の 「 の 」 を用いて 「 赤いの 」 という表現が用いられる場合もある。
移動 ルート出発地と目的地を直線で結ぶ道。陸兵器の場合, 以前は移動 ルート に海, 山, 山岳が存在すると移動出来ず, 同様に海兵器は陸地があると以前迄は機動できなかった。併し某日の アップデート により迂回してくれるようになった。
運営ハンゲームの隠語。より具体的には韓国 NHN の日本法人 NHNJapan を指す。防御や報復不可能な BAN という特殊攻撃が出来る。( 0, 0 ) の中の人でもあったが某 プレイヤー に奪われてしまった。
囮 ヘリ敵の持つ兵器の対高空命中が 30 以下, 且つ此れ乃ち対高空命中より対 ヘリコプター 命中が高い場合は, 非 ステルス の高空を忌避し, ヘリコプター を 100 % 優先して攻撃する。此の仕様を応用し, 各 HEX に ヘリコプター 1 機を配置して我の高空兵器の被害を減少させる事を企図した編制。

用語(か〜こ) Edit

用語意味 
回避 バグ回避値が特定の数値を超えた状態で戦闘すると発生した バグ。当初の バグは歴史に残る バグであった ( 1回の戦闘に依り経験値が マイナス 状態, 兵器数が マイナス 状態, 若しくは編成数を越える プラス 現象があった )
海兵器海兵器とは主に現実の兵器区分で言うところの水上艦艇, 及び潜水艦艇を指す。此の定義では 海兵器 = 軍艦 となるが, 今のところ本 ゲーム には油槽艦や兵糧艦等, 戦闘艦以外の艦艇が登場していない為, 事実上, 本 ゲーム に於いて海兵器とは主に軍艦の内でも戦闘艦に限定される。但し本 ゲーム 既存の兵器以外の話題に於いても用いられる事は少なくなく, 例えば掃海艇や ( 機雷 ) 敷設艦を海兵器と呼ぶ事は誤りではない。
加害力「 戦力が特定の対象に与え得る損害の程度 」 という意味。通俗的な表現でいうところの攻撃力や破壊力に相当するが、加害力といった場合は, より意味する範囲が厳密になる。例えば攻撃力は攻撃を行う能力を指すのであって結果的にそこで発生する被害は明確に包含されてはいない。乱暴に言ってしまうと, やる気は十分だが実力を伴わないといった状態でも, 攻撃を行う意思が明確なら曲がりなりにもこれを持っている事になる。一方で破壊力はこの逆であり, 結果的に破壊が行われれば部隊に破壊力があったという事にはなるが攻撃に由来する破壊である事は明確でないし, そもそも実戦でその破壊力が再現される見込みとは一切無縁である。加害力と言った場合は必ずしも直接に対象の破壊力を指す訳ではなく, プロパガンダの目的で使用される ビラ や一時的に視界を獲る為に放たれる照明弾等も, 結果的に敵の国力を加害し得る場合は加害力と見做す訳である。( というより正確に言うと, この例では戦争目的を国民や他の地域の人間に明らかにしないままに開戦を迎えれば, 兵士や国民の士気の減少に引きずられる形で自軍の加害力を削ぐ, また第一次大戦頃の艦船は照明弾を欠いた場合, 夜間には加害力が発揮されないという具合である ) 例えば電子戦機による妨害は火力こそ全く下げないが, 結果的に損害を減らす場合がある。要するに, 某 アニメ の台詞を借りれば " 当たらなければどうということはない " 訳であり, これらの前提を踏まえるなら, 要するに加害力とは, どの程度当たるのか ? 当たった結果相手にどの程度の損傷を負わせるのか ? という 2 つの要素の掛け算であると言える。
課金課金 アイテム を購入する事。一般的には 「 金 ( の支払いを ) を課す 」 の意であり, 我々プレイヤ-の立場でこの語を用いる場合は 「 納金する 」 , または 「 ( 各々の サービス が ) 課金される」と表現されるべきだが, 「 課金して チケット を得た 」 等と表現される。課金を行うにあたっては, 先ず当 ゲーム 内通貨である レアメタル を得る必要があり, レアメタル を得る為には ハンコイン が必要となる。従って課金は リアルマネー ( 日本円のみ ) → ハンコイン → レアメタル と推移する。因みに2012年12月11日現在, 各々の レート は リアルマネー = ハンコイン, 2.5ハンコイン = レアメタル となっている。
カンスト士官カウンターストップ士官の意。最大 レベル ( レベル 20 ) の士官の事。某日の アップデート に因り 35 迄 レベル を上げられる様になったが, 便宜上未だに レベル 20の士官の事を斯様に呼称する。
奇襲効果奇襲効果とは該当の作戦が奇襲たる故に戦果が増大されたり被害が抑制される時, その程度を表すものを云う。一般には縦深的な防御を敷く者は奇襲に対して一定の対抗性を示し, 線的な防御を敷く者は比較的奇襲に対して脆弱である。又, 一般には奇襲とは攻撃側の戦闘行動とされる事も多いが, 伏撃 ( ≒待ち伏せ ) も奇襲の括りであり, 実戦では寧ろ防御側の主たる戦術として採用される事が多い。因みに伏撃を担う兵を伏兵と呼び, 火砲や ミサイル 等, 火力, 命中精度等に於いて高度に発達した現代戦では防盾や構築物で防護する事が難しい事が実戦で証明された為, 寧ろ伏兵でない方が珍しいとされる。
( 基地 ) 規模逃げ対人戦闘に於ける劣勢側陣営の防御手段の一つ。当 ゲーム に於いては彼我の基地規模差が二分の一から二倍でなければ対人戦闘は敢行出来ない為, 戦闘中に基地規模が此の範囲から外れると彼我の意思に関わらず戦闘が終了する。此の仕様を利用して我勢力が保有する無損害の基地を放棄, 譲渡する等して強制的に戦闘を終了させる行為。
欺瞞自軍の規模, 練度, 編制, 兵種, 火力, 射程, 陣形, 位置, ( 作戦 ) 目標等を隠蔽, または偽る事。此れには陽動等も含まれる。又, 欺騙 ( ギヘン ) とも言う。
逆襲2 つの勢力が特定地点の領有を争い一方の戦力が完全に失われるまで, 無限に衝突し続けるという状況を考える。( 但し防勢側は現時点では既に特定の拠点を勢力圏に治めているものとする ) 戦術レベルの視点では時間に比例して互いの戦力が漸減し, 経験上, 防勢側は攻勢側よりも補給の面で圧倒的に有利である事から前線における部隊の密度は攻勢側の方が早く減衰する事が知られている。従って攻勢側の兵力が仮に勝っていても防勢側の拠点を確保出来ない場合はこの状態が継続し, 時計の針を進めると ある時攻勢側と防勢側の火力と耐久力の値が等しくなり, やがては値が逆転する。そのため, 戦闘の継続によって防勢側の前線が拡張し始める事となる。これを逆襲と呼ぶ。簡単に定義すると 「 防御側が防御という戦術そのものの アドバンテージを利用して攻撃側の兵力を削ぎ, 充分に削がれた攻撃側に反攻を加える事 」 となる。
空兵器空兵器とは大まかに定義すると軍用航空機を指す。但し川崎の水上輸送機や第二次大戦時の水上戦闘機等, 海兵器との種別が曖昧なものも多い。又, 空兵器の大きな特長として陸 / 海兵器が大きく地形の制約を受けるのに対し, 如何なる地形をも走破出来, 高機動で目標迄迅速に到達出来るという点が挙げられる。此の特徴から陸戦では攻勢側の主たる編制となる場合も多い。
クリア飽きる, 或いは嫌になる等して当 ゲーム を引退する事。
軍種軍種とは指揮系統及び編制に於いて国家が保有する最上位の軍事組織である。古くは陸海軍の二軍編制を採る場合が多いが, オーストリア の様に周囲が陸地に囲まれている事から海軍を保有していない場合や, カナダの様に全ての兵科を統合軍がまとめて運用する形態を採る場合もある。また, 現代では空軍, 防空軍, 又, 空挺軍や海兵隊等の遠征部隊を保有する国もある。此の遠征部隊には ポーランド等, 主力となる海兵と空挺部隊を統合した特別軍を置くものや, 空挺兵を独立に編制した ロシア の空挺軍, 海兵を主力に据えた アメリカ 海兵隊, 海兵と山岳兵を ミックス した イギリス 海兵隊等があり, 又, 後方支援部隊には ドイツ の衛生, 救護を担当する救護業務軍や他軍種間の連携, 調和, 及び兵站や整備等を担当する戦力基盤軍等, 当該国家の政治や地勢に依って編制の如何は異なる。此の他にも戦略 ロケット 軍, 沿岸警備隊, 憲兵隊等がある。又, 各々の軍種は与えられた任務を遂行する為に独自に兵科を設け様々な兵器を運用するが, 他の軍種と能力や任務が重複する事で人間関係に於ける齟齬が生じる事がある。この問題に対して多くの国は特定の兵器区分に含まれる兵器は一方の軍種が担当する様に法律を制定したり指揮権を一部委譲する等の対策を講じるが, 両軍種共に譲歩せず, 互いに同様の兵器を運用しているにも関わらず互換性の無い兵装を施している場合もある。此れは補給や整備の際に不都合が生じる事は少なくない為, 非合理的にも関わらず古今東西のあらゆる国が抱えている問題である。例えば地対空誘導弾は陸軍と空軍の間でどちらが運用するかについて割合苛烈に揉めた兵器と言われ, 自衛隊に於いても ホーク 改と03式中距離地対空誘導弾は陸上自衛隊, ペトリオットミサイルシステム は航空自衛隊の管轄となっている。本 ゲーム に於いても連合内で各々の オーナー がその能力や性格, 適正等を考慮して此れ等軍種に相当する役職と任務を与えられる事があるが, 屡々此れ等の事情から派閥争いが生じて連合が分裂したり, 逆に他の連合から引き抜かれる事もある。因みに自由掲示板や連合参加募集 ボード等では " 職種 " という語が同義語として当てられる事もある。但し職種という語は自衛隊用語で各国の兵科に相当する意味で用いられる場合もある為, どちらの意味合いで用いられているかは文脈で判断する必要がある。
経験値士官が戦闘等の行動を採る亊によって生じる成長の度合いを数値化したもの。尚, 戦闘で得る経験値の量は撃破した敵 ユニット の数, 出撃した士官の人数, 編成する兵器の数, 標的迄の距離に依存する。経験値は レベルアップに必須であり, レベル の上昇に因って士官はより多くの兵器を運用可能となる。
掲示板ユーザー 同士の交流を目的に運営が設置している。疑問や質問等も書き込まれる事が多いが, 基本的な質問が多いので 「 ここへ来る様に 」 と誘導される事や, 「 自分で調べろ 」 等と文句を言われる事が多くなっている。
行軍部隊が自身の 「 機動力 」 をもって移動する事。したがって厳密には トラック や装甲車に歩兵を搭載して移動する場合, 行軍したのは歩兵ではなく各々の車両である。但し, 現代では車両と将兵を合わせて ( 自動車化 ) 歩兵と呼び, これらが行軍したという表現は誤りでない。また, 一般的には戦闘時の行軍は " 戦闘機動 " と呼ばれ戦闘の範疇であり, 謂わば戦闘機動のしやすさを運動性と言う。( ただし日本では機動性, Mobility と運動性, Maneuverability を区別しないで用いる場合も多い ) 因みに自明とは思われるが, 戦闘機動は戦闘前機動よりも時間が掛かる。此れは被害を抑える為に支隊の編成や迂回等を必要とする他, 各個撃破を回避する為に機動力の異なる部隊がある程度固まって機動する必要がある為である。又, こうした接敵前進には逐次前進, 交互前進等があるが何れも一方の部隊が前進するのを待ってもう一方の部隊が前進するので, 同時に前進する場合と比べて倍以上の時間が掛かる。その他の行軍は戦闘前機動と区別され兵站の一種とされるが, 当 ゲーム に於いては一律に派兵と称される。
攻撃機攻撃機 ( コウゲキキ ) とは軍用機の区分の一つ。明確な定義は無いが, 現代では戦闘機と同程度の大きさで爆撃機と同様に対地攻撃を主とする軍用航空機を指す場合が多い。又, 水上戦闘を主な任務とする支援戦闘機 ( = 対艦攻撃機 ) は攻撃機に分類される。因みに水上戦闘に運用された軍用機には他に雷撃機があるが, これは主な装備が魚雷である。 ( 元々魚雷は水上, 及び水中の標的の撃破を目的に開発された兵器であるので, 信管もこれらの兵種を意識したものとなっており, 具体的には殆どの戦闘艦を覆う"金属板"に反応する磁気信管を採用する場合が多かった。併し磁気信管は名前の通り磁気によって作動する信管であるので装甲車輌の場合は接近させる事で作動させられるものの, ( 直撃すればただでは済まないが ) 歩兵に対しては基本的に無力である。又, 一般的に信管は発射直後に作動すれば当該ユニットにも損害を与える為, 発射から一定時間後に安全装置が解除されるが, 低~中高度から投下された魚雷は地面に突き刺さったまま不発弾となる ) 従って地上の標的に攻撃する手段を持たないので別の区分とされる。
攻勢戦線の限られた部分だけを突出させるのではなく, 比較的広い範囲に渡って攻撃する事。又は其の様な状態。反対に前線の広い範囲に於いて ( 局所的な反撃を除き ) 一様に防御に徹する事を防勢, 又は守勢と云う。
コロニー連合が攻撃 ・ 防御の為に特定の地域に密集させて建てられた基地の集まりの事。主に PCO 地方拠点の周りに築かれる。

用語(さ〜そ) Edit

用語意味 
「 サーバー 」 の隠語。
晒し個人を掲示板等に晒す事。幾ら搾取されようが キモ い メール が来ようが晒しは間違い無く規約違反なので, 好事家共は 2ch の専用板で楽しんで下さい。
更地ゲーム 開始時の状態の基地。
士官一般的には初等以上の士官教育を受け, 且つ少尉以上の階級を有する軍人, すなわち将校を指す。( = 少尉 ~ 大元帥 ) 当 ゲーム においては プレイヤー に代わり, 管轄の各部隊の指揮統制, 及び施設の運用等を務める ゲーム 上の登場人物である。軍人とは思えないような服装で職務にあたる者も少なくなく, 中には コスプレ 姿の士官も存在する。通常は基地内の人事部にて雇用されるが, イベント 等でのみ獲得出来るものもある。知力 / 戦闘力は士官の経験値に依存し, 士官訓練所において 「 スキル 」 と呼ばれる特殊な能力, 及び技術を習得させる事が出来る。また, 現在の士官は 「 上限解除 」 によって レベル の上限を 20 ~ 35 程度にまで変更出来るが, 当 ゲーム が作られた当初は レベル の上限が 20 に固定であった事から, 此の レベル に至った士官を未だに カンスト ( = カウンターストップ ) 士官と呼ぶ習慣がある。
自走式地対空 ミサイル 車輛
= 自走対空 ミサイル
中, 高高度目標に対する迎撃に用いられる自走可能な地対空 ミサイル。安価な防空火力として機能する。費用対効果の観点からは非常に優秀であり, 防勢に於いて活躍する場面は多い。又, 機械化されている事から敷設型, 固定型の ミサイル よりも柔軟な対応が可能であり, 機甲科や歩兵科に随伴して作戦行動をとる事も可能である。ただし地対空, 艦対空 ミサイル は空対空, 空対艦 ミサイル と比較して爆薬の搭載量が少ない。これは後者が航空機の推進力を利用出来るのに対して前者はこれが出来ない事に由来する。従って ( 当 ゲーム に於いてはこの事実が再現されていないが ) 一般的には後者の方がより火力が大きくなる傾向にある。主なものには アベンジャー, S-125 ネバ,ローランド等がある。
自走砲主に自走榴弾砲を指す。野砲の弱点であった機動力を改善させる為, 仰角を自由に調整出来る砲塔に車両を設置した。比較的低 コスト だが耐久性が低い。併し長射程なので アウトレンジ戦法が可能であり, 運用の仕方を工夫すればそれ程生存性は悪くならない。K-9, 99式自走榴弾砲, M109, 2S3 アカーツィア 等がある。一方で対戦車自走砲というものも存在する。戦車に限った話ではないが, 多くの陸兵器は正面からの直接照準射撃 ( = 直射 ) に耐え得る様, ユニット 前面の装甲は相当に頑強である事が多いが上方からの攻撃からは割合脆弱な為に自走砲の間接照準射撃が有効な場合がある。この為, 大戦時には多くの対戦車自走砲が開発された。但し現代の戦車は射撃の際に必ずしも車体を停止させる必要が無い為, 必中を得るのはかなり難しい。バイソン ( = I号自走重歩兵砲 ) , ホニI ( = 一式砲戦車 ) , ズヴェラボーイ ( = SU-152 ) 等がある。
自走砲突撃敵地の占領を第一の目的とした戦術の一つ。射程長の自走砲を前衛に配置し, 防御側の部隊の損耗に関わらず戦闘毎に耐久度を減少させる戦法。自走砲は比較的低コストの為, 初心者にも敷居は高くないがこれを自粛する PMC 連合もある。潜水艦が配備されている陸上基地への侵略時に使われる場合がある。
自走 ロケット 砲一般的には自走砲に含まれるが大戦略では別の兵種としている。多量の ロケット 弾をばらまき, 広範囲を爆撃するという戦闘形態故, メガ射程となっている。特に軟装甲の兵種に有利である。MLRS, 9P140 ウーラガン 等がある。
シャア 専用鯖初代機動戦士 ガンダム の登場人物の一人である シャア・アズナブル ( Char Aznable ) の搭乗機, MS-06S ( 通称 : シャア専用ザク ) をもじったものであり, ワールド14を指す。シャア 専用 ザク は ザク �鵺 ( MS-06 ) の派生型の一つであり, 原型と比べて 3 倍の速度で機動出来る事が大きな特徴である事からこの様に呼ばれる。
上位互換語源と思われる本来の " 上位互換性 " とは, 部品や コンポーネント 等を置換した結果, 同様に動作させられる性質を指す " 互換性 " の一種であり, 上位の性能を持つ article が下位の其れに対して互換し得る性質を示す語である。したがって 「 兵器 A は 兵器 B に対する上位互換性が高い 」 という事はあっても, 「 兵器 A は兵器 B の上位互換である 」 というのは本来は使われない表現であるが, 当 ゲーム での上位互換とは能力が類似しており且つ殆ど乃至全ての点で優る兵器, 士官, スキル 等を指す。例えば比叡に対して日本武尊は上位互換である。因みにこの用語は大戦略 web の用語というより ネトゲ 用語である。
戦艦大砲 ( = 艦砲 ) を主兵装とする戦史上最も大型の戦闘艦。一般には戦闘艦と同義に扱われる事も多いが, これは攻撃能力を有する軍艦の総称であり, したがって戦艦は戦闘艦の一部である。ただしこの サイト に限らず一般的に戦艦といえば通常各々の時代で主力とされる戦闘艦を指す。因みに英語では戦艦を BattleShip, 戦闘艦を CombatShip と呼ぶ。主なものに, こんごう, アーレイバーク, ソブレメンヌイ, また前者の定義における艦艇には大和, アイオワ, ビスマルク 等がある。
戦車一般的には歩兵戦 ( 闘 ) 車, 対空戦車, 火炎放射戦車等, 一口に戦車と言っても色々あるが, この サイト ではもっぱら主力戦車, 軽戦車, 中戦車, 重戦車を指す。火力, 耐久性, 機動力に優れた兵種。特に耐久性は野戦兵器の中では随一であり, 重火器を用いても実戦において破壊しきる事は難しい。しかし地雷に対しては脆弱で無限軌道 ( ≒ キャタピラ ) を損耗すると機動力を完全に喪失する場合が多い。砲塔は仰角に制限のあるものが多く, また機銃以外に対空戦闘用の兵器は搭載されていない場合が多いので対空戦闘には不向きである。また油圧式の タイプは動力を直接的に機動力へと還元出来るので大重量ながら非常に高機動であるが 運動性 は低いので協調的且つ有機的に機動する事が容易な歩兵には攻囲される危険が伴う。そこで現代では歩兵を随伴して運用される事が多い。また, 軍事上厳密には異なる兵種であっても防盾と砲を有する軍用車輌は一般的に戦車と呼ばれる為, 自走砲や突撃砲, 駆逐戦車等も此れに含める場合がある。有名なものに 10式戦車 ( 日本 ) , M1エイブライムス ( イギリス ) , T-72 ( ソビエト / ロシア 連邦 ) 等がある。因みに大戦期に於いて最も戦車に関する研究が盛んであった国家は ドイツ であり, ティーガー 等の所謂 アニマルシリーズと総称される傑作戦車を産み出し, 圧倒的な物量で迫る連合国に対して果敢にも攻勢を掛けるが, イギリス 戦車の厚い装甲と アメリカ の徹底した合理主義に阻まれ遂に敗走した。
戦車駆逐車輌戦車駆逐車輌 ( jagdpanzer )とは, 元来は第二次世界大戦中に ドイツ 陸軍の機甲科が開発した兵器に与えられた兵種区分である。主に戦車等の装甲戦闘車輌の撃破, 及び敵の防御陣地の突破を志向して開発された対戦車車輛であり, この目的を実現する為, 当兵種は厚い装甲と強力な火砲を備える。当時の ドイツ は連合軍の航空勢力の猛攻によって多くの陸軍工場を失っており, 戦車並みの突撃が可能で且つ低予算で生産可能な兵種の開発が求められていた。そこで ドイツ 陸軍は当時砲兵科の管轄だった野砲に軽装甲と無限機動を取り付け, 此れを突撃砲と呼んだ。当初は単に コスト 削減を計っただけであったが, 結果的に ドイツ 陸軍は政府の要求通り戦車相当の突撃が可能な機体を完成させ, 加えて回転砲塔 ( というより回転戦闘室 ) を省略する事で砲の重量増大を果たした。その後同国陸軍機甲科に於いて更なる改良が施され誕生したのが当兵種, 戦車駆逐車輌である。突撃砲との大きな違いは砲弾を榴弾から徹甲弾や成形炸薬弾に換装した事である。これによって砲の装甲貫徹力が増し, 戦車戦に対応可能となった。現代では更に対戦車 ミサイル と赤外線対応の光学照準機を装備し, 間接射撃が可能なものも開発されて ロングレンジ戦法が可能になると, 以前の様な重厚な装甲は廃止され, 無限機動から装輪装甲に換装する事で機動力が向上した。
潜水艦[ 概要 ]
水中を航行可能な軍艦。元来は外装水雷で武装し, 水中より装甲艦に接触, 自爆するといった運用が為されていたが, 本格的に運用される様になったのは第一次世界大戦頃からであり, 一般的には ドイツ で勇名を馳せた U-boat や日本の 「 伊号 」 等が知られる。嘗ては水上戦闘艦の補助的な存在であったが, 現代では 寧ろ イージス 艦と並び海戦に於いて欠かせない存在となっている。
[ 特徴 ]
・隠密性
艦艇や車輛は航空機と比較すると概して低速である。従って敵の航空優勢下では作戦遂行に多大なる支障が生じる為, 両者は ミサイル , ( 対空 ) 機銃や レーダー を装備した上で極力遭遇を回避する様に努めるのが現在に於ける一般的な セオリー である。併し水は電子線を著しく減衰させる事から, 水中を機動する潜水艦は航空機や水上艦艇からの被発見を回避する事が比較的容易である。此の特徴を生かし, アメリカ 軍では SEALS 等の特殊作戦用の部隊を編制している。
・機動
水上艦艇は水面のみを足場とする為, その機動には上下の次元が存在しない。併し対潜戦闘, 潜水艦戦の何れの場合でも深度という パラメータ を考慮する必要がある。例えば水面に敷設した機械水雷 ( = 機雷 ) は下方 400m を航行する潜水艦に打撃を与える事は出来ない。逆に水上艦艇にとって深度 50m に存在する海底山は作戦遂行に何ら影響を与えないが, 潜水艦は此れを迂回するか突破するかで生死を別つ事になる。又, 被雷した際にも深度は重要な意味を持つ。水圧は深度の大きさに依存して大きくなる為, 雷撃を受けた場合の損耗も深度に比例して激しくなる傾向にある。加えて応急修理, 排水, 吸気, 充電等の目的で緊急浮上する場合にも此れは妨げとなる。
・兵装
魚形水雷 ( = 魚雷 ) は潜水艦の装備の中では比較的広く知られているものではあるが, 潜水艦の兵装は斯様に必ずしも一様ではない。古くは砲填兵器も固定武装としていた他, 爆雷や機雷等の運用も可能である。更に現代では対地 / 対艦 ミサイル の他, 一部の艦艇では低高度用の対空 ミサイル 等も搭載出来, 先に述べた様に海戦に於いて中核を担う最も重要な戦力の一つとなっている。但し ミサイル の運用は他の艦種よりも慎重に敢行する必要がある。此れは潜水艦が戦力として通用する最大の理由が隠密性にあり, 逆にそれ以外に存在しない為である。ミサイル は射撃に際して多量の熱と光を放つ為, かなり距離があったとしても現代では対迫 / 砲兵 レーダー 等に感知されて了う。潜水艦が隠密性を損なえば残る特性は耐航性と高速性ぐらいしか存在しない為, 戦力としては艦砲を持たない フリゲート へと成り下がる。更に抑々の問題として個艦では中間誘導が行えない為に射程は水平線迄となる。
宣戦布告敵方に対し, 以後攻勢に出る事を事前に勧告する事。以前は宣戦布告無しに他 オーナー を偵察, 攻撃する事は タブー とされていたが, 現在ではその傾向が薄れているとも言われる。
戦闘艦軍艦に与えられる区分の一つ。具体的には建艦, 運用される目的が戦闘とそれ以外 ( 輸送, 哨戒, 偵察, 機雷掃海 / 敷設, 救難, 訓練, 修理, 測量等 ) の何れを主に担うかに依って分類した時に附される区分であり, 補助艦に対する区分である。戦艦や駆逐艦等がこれに相当する。
装甲車本家での装甲兵員輸送車両と歩兵戦 ( 闘 ) 車。火力, 耐久性共にあまり高くないが占領耐久度を 2 だけ減らす能力がある。73 式装甲車, 113, TR-60等がある。因みに自衛隊用語でもある。自衛隊に於いては憲法上の問題で"兵員"という語が用いられない事から兵員輸送車の事をこのように呼称する。
損耗損耗とは消耗の類義語であり戦力を削がれる事を指す。損耗はその程度や損耗を受ける ユニット の種類に依って分類され, 多くの組織では戦闘 ドクトリン として受けた損耗の種類に依って次に取る可き行動が予め定められている。例えば " 全滅 " は指揮所が攻撃される等して部隊の統制力と組織的戦闘能力が喪われる事と定義される。又, 兵力 30 ~ 40 % の損耗を受けた部隊も経験的に組織的戦闘能力が喪われる場合が多い事から此れも " 全滅 " と判定され, 撤退を下令される場合が多い。又, 損耗は攻撃側と防御側では呼称が変わる。例えば " 殲滅 " と " 壊滅 " は攻撃側が防御側に 40 % 以上の損耗を与えた上, 統制力と組織的戦闘能力が喪われる事を指し, 「 我部隊は殲滅された 」 という表現は正しくない。正しくは 「 彼部隊は我部隊を殲滅した 」 である。但し以上全ての損耗の定義は戦列を前提とした展開を行う部隊にのみ適用されるものであり, 個人乃ち単独の遊撃を前提に作戦行動を取る ゲリラコマンド等の場合は異なる定義が与えられる場合が多い。また, ソンモウ は慣用読みであり, 正しくは ソンコウ である。

用語 ( た ~ と ) Edit

用語意味 
耐久度資源地や サブ基地等が持つ耐久を数値化したもの。此れが0になると占領される。誰のものでもない資源地は2000, 特定の ユーザー の管理下にある, 或いは過去に占領された資源地は5000。詳しくは基地 ・ 施設 ・ 資源地を参照。
対潜哨戒機対潜戦闘に特化した軍用機。軍艦より安価で潜水艦と相打ちにならない。 ( ← 可潜艇が運用出来る様になった為に事実上, 邀撃が可能となった ) また航空機故の機動力も魅力の一つである。P-3Cオライオン, アトランティック, Tu-142 ベア F 等がある。
対空戦車1940 年代, ドイツ 空軍は制空権を連合軍側の攻勢によって喪失した爲, 空からの脅威に対して陸上から此れに対処する事が求められた。併し既存の対空砲は野砲と同様に自走式ならぬ移動式 ( 牽引式 ) であり, 展開したままの状態では本隊の機動力に追随出来ず, 部隊の " 御荷物 " となっていた。此れに対処すべく トラック に機銃を装備させる等の策が講じられるが, トラック では装甲, 足回りの問題から荒れ地を安全に走破する事が出来ないので根本的な解決には至らなかった。其処で出された一つの答えが本兵種, 対空戦車である。此れは水平射撃用の戦車の砲塔を対空用の機関砲や機銃に換装したものであり, 以上の要求乃ち対空への射撃能力, 自走能力, 荒れ地での機動力, 火砲に対する一定の防御力の全てを備えた兵器となった。現代では機銃の他, 地対空誘導弾を装備し, 機動戦以外にも運用可能なものも存在する。因みに其の後の ドイツ であるが, 本兵種の製造によって他の戦車や突撃砲の数を圧迫させない爲, 製造を制限した事で火力が分散し過ぎて十分な戦果を挙げる事が出来ず, 多くの陸軍工廠, 基地を喪失する事態を招いた。
ダイセンリャカー大戦略を プレイ する者の事。英語の文法を真似て " 大戦略 " に " er " を附したものと考えられる。
大戦略此の ゲーム の通称である。元々は国家の利益, 乃ち国益の為に用いられる戦略一般を指す。故に戦争を 「 国益を得る為の行為 」 と定義すれば戦争は大戦略の一部と云う事も出来る。併し得るべき 「 国益 」 , 或いは得る爲に費やされる 「 国力 」 を如何様に理解するかに依って当該単語の位置附けや定義が変わる爲に一般化する事は困難である他, 著名な軍事史学者である Martin van Creveld ( = マーチン ファン クレフェルト ) に拠れば, 戦争は政治とは無関係, 或いは恣意的に行われるものであるとの指摘もある。因って此れ以降に述べるのは一つの解釈となるが, 大戦略を 「 政事 」 「 経済 」 「 軍事 ( = 主権, 国体の保護 ) 」 「 ( 大衆 ) 心理 」 等の複数の変数で定義し, 以上の変数を並べて良い状態 ( かどうかを規定する指標を何とするかが問題だが ) にする事であるとすれば, 必ずしも 戦争で勝利する事が大戦略に於ける " 勝利 " ではなく, 人爲的に敗北する事で勝利を得る場合もあれば, 逆に戦争に於ける勝利を得る為に大戦略に於いて敗北する場合もある。例えば メルセルケビール 海戦に於いて イギリス 軍は被害を戦闘機数機披撃墜に抑え, フランス 軍の戦闘艦を 1 隻撃沈させている。客観的に見て此れ以上無い迄の大勝利を得たものの, 此れに因って フランス が連合側に対して抱いた不信感は甚大であり, 後の第二次世界大戦に大きな影を落とした。亦, 戦争を用いて大戦略を為す場合, 個々の戦闘を勝利に導く為の戦略を 「 戦 ( 闘 ) 技 ( 術 ) 」, 会戦に於ける其れを 「 戦術 」, 戦争全体の其れを 「 戦略 」 と呼び, 「 戦技 」 → 「 戦術 」 → 「 戦略 」 → 「 大戦略 」 という序列に拠る定義も存在する。此の定義の上に於いて " 大戦略 ( ゲーム ) " は其の名に反して 「 戦術 」 を テーマ にした ゲーム であると云える。但し大連合の連合長ともなると目線が徐々に戦術から戦略, 最終的には主たる任務が人事に移行する場合も多い為, 少なからず プレースタイル が本来的な大戦略に近附く傾向は在る。
駐禁基地規模差から攻撃が不可能な基地の事。攻撃可能なのは自分の総合基地規模の50%〜200%の総合基地規模を有する プレイヤー のみである。駐禁の基地に附く マーク が駐車禁止の標識に似ている事から略して駐禁と呼ばれるようになった。 「 ( 基地 ) 規模逃げ 」 も参照。
偵察偶発的, 受動的な遭遇戦による探知ではなく, 能動的に部隊を展開し, 戦闘に関与すると考えられる様々な情報を収集する事を志向して行われる作戦。これを戦闘によって行う場合は威力偵察と呼び, それ意外を隠密偵察と言う。また威力偵察は斥候, 又は強硬偵察とも呼ばれる。隠密偵察の場合, 当 ゲーム に於いては2通りの方法がある。1つは偵察情報局に既存の機能である偵察衛星を介した偵察であるが, もう1つは当 ゲーム に於ける レポート の仕様を利用する。ヘリコプター, 偵察戦闘車輌, 及び偵察機を運用する場合, 敵方は レポート に依って偵察が自軍の陣地に及んだ事を認知する事が予想されるが, レポート には偵察を行った部隊が配備される基地の名称のみが報告される。従って, 偵察が完遂してから敵方が我軍の偵察を開始する前に基地を改称すれば基本的に我の位置を特定されない。
テロリストテロリスト の項を参照
電子戦機電子戦機とは各種電子戦にて運用される軍用機の総称。広義には早期警戒管制機, 対戦哨戒機, 電子偵察機等を含むが, このサイトでは専ら電子妨害機, 及び電子戦支援機を指す。レーダー 及び誘導弾に対する欺瞞や隠蔽を主な任務とする。
溶ける兵器が破壊される事。一般的に戦争 ゲーム では勢力の撃滅を相変化に例える事がある。見た目が類似している事もあるが, これは 「 ( 防御を ) 固める 」 という慣用表現を液体から固体への相変化を意味する 「 凝固 」 に準えたものであり, これを捩 ( モジ) って武装解除を 「 溶ける 」 と表現する様になったと言われる。また, 一般的に相が 「 気体 」 → 「 液体 」 → 「 固体 」 と変化する事に因んで, 戦闘等の損耗により, 短期にて我軍を構成する全てのユニットが撃滅される事を 「 蒸発 」 , 及び 「 昇華 」 等と表現される事がある。
突撃突撃とは敵勢力の排除, 撃滅と特定地域の占領を同時に完遂する事を企図して敢行される戦闘行動を指す。乃ち当 ゲーム に於いては味方を迎撃可能な兵器が敵勢力に残存している状態で占領可能兵器を編制に含む単数または複数の部隊を敵の管轄している陣地及びその他の拠点に対して攻撃させる事である。併し, 此の戦闘行動は現代ではあまり推奨されない。一般的に反攻の意志を持つ勢力が配備される地域を占領する為には歩兵の存在が欠かせないが, 歩兵は装甲を持たない為に敵が展開している地域に援護の無い儘に出現すれば格好の餌食となってしまう。従って経験上, 此れを回避する為に歩兵 ( 特に民兵 ) は主な戦場が陸上の兵種の中では比較的後方に配備させた上, 戦闘車輛を最前線の盾 ( 兼矛 ) として展開させる事が推奨される。逆に敵勢力の 「 三割以上に対して致命的な損耗を与えるか, 又は撃破する 」 ( = 潰滅 ) 前に前進させる事は タブー としている。併し得てして戦闘とは予想外の事態や過酷な環境の中で実施されるだけでなく, 地形の制約を受けて運用を阻まれたり, 或いは敵が対戦車兵器を充分に配備している場合は効果的に主力部隊を運用出来ない事もある。此の場合は歩兵が敵の火砲に肉薄する事を受忍しなくてはならず, 特に重火器の使用に制限がある上陸戦, 山岳戦, 空挺作戦に於いて此の問題は非常に シビア である。自走砲突撃も参照。
トレードライセンス 及び資源の取引をする事。

用語 ( な 〜 の ) Edit

用語意味 
内政基地内部に於いて施設の増強や兵器の生産をする事。兵站は地味で単純な動作の繰り返しを伴い, またこれを省略しても各戦闘に於ける勝敗には必ずしも影響しない事から得てして此れを甘受出来ない者もいる。併し戦争が長期化した場合に物を言うのは物量であり, はっきり言えば ユニット の性能や戦術, 個々の戦闘が戦争の勝敗に左右する事は稀であるので, 可能であれば怠るべきではない。
成り済まし公式掲示板にて他人の座標をあたかも自分の座標の様に偽る行為。 晒しと同じく悪質な行為なので絶対にしない事。
粘着特定の勢力のみに反復攻撃する事。一日に数回までならば許容範囲だが, 30分に数回等となると周囲のPMC ( または PMC連合 ) に密告される公算が大きい。
農耕元来は特定の コミュニティ 内に於いて食糧等を継続的に得る為に農業を営む事, 亦は営む者を意味し, 此れが転じて当 ゲーム に於いては内政によって基地を拡大し資源を獲得しつつ, 戦闘を極力回避する姿勢を意味する様になった。当 ゲーム の趣旨は戦争を シミュレーション する事にあるので揶揄される事も多い。この背景には 「 ( 結果的に ) 赤の他人に継続的に資源を供給してくれる人 」 という嫌味が込められている。但し大戦略 ( ゲーム ) の プレーヤー 一般からの評価とは裏腹に, 史実や架空戦記に由れば此の プレースタイル が戦略的に強ち不利とは限らない事も事実である。イランイラク 戦争に於ける クウェート , ナポレオン 戦争頃の アメリカ 合衆国, 銀河英雄伝説に於ける フェザーン 等, 他勢力の軍事力を利用する為の道具として自国の経済力, 軍事技術や領土を供与, 乃至一時的に貸与する事も国体を保持するに当たっては非常に有効な方策の一つである。また, 戦術 レベル での議論でも古今東西の兵法書 ( の多く ) は先制攻撃の不利について述べている。有名なものに孫子の兵法があるが, 此の中で孫武は 「 敵の攻撃に備え, 自らの防御の手筈を整える事は ( 物理的に ) 可能である一方, 敵の失策による勝機を見出だせるかどうかは敵に属する事なので ( 防御による ) 勝利は ( 割と ) 確実だが, ( 攻撃による ) 必勝は有り得ない 」 という旨の事柄を述べている。亦, ランチェスター の法則に基づく攻撃 3 倍の法則や クラウゼヴィッツ の著作である戦争論に於ける攻撃の限界点等, 主に攻撃を以てする戦争の不利を述べるに当たっては其の論拠に枚挙に暇が無い。亦, 此の事実は コア な プレーヤー なら広く知るところであり, 従って当 プレースタイル が揶揄される最大の原因は戦術, 戦略的な有利不利ではなく, 主に面子, 体面や体裁等, 心理的な部分に由来している。尤も, 打算的公算にのみ従って動く人間や其の集団が心理的な理由で攻撃の " 的 " になる事は然程珍しくないので, 其の パラメータ を包含した上で戦略を語るとすれば当該の プレースタイル を不利と帰結し得なくもない。例えば第二次大戦に於ける反省から, 日本は軍事力の保有を自らの法の下に禁じている。併し此の言い分は一見 " もっともらしい " ものの, 其の実, 対外的には軍事力に違わない自衛隊という組織を国体保護の目的にも保有, 運用しているにも関わらず, 紛争地域への派遣を拒む口実として利用してきたという見方もある。因みに, 農耕という語には類義語として SymCity ( = シムシティ ) 等がある。

用語(は〜ほ) Edit

用語意味 
ハイエナ他勢力の攻撃によって損耗を生じた資源地, 基地及びテロリスト等を横取りする者。
廃課金多額の資本を課金に充てる事。「 多額 」 という語の定義が各人の価値観によって異なるので厳密に微課金と廃課金を区別する事は出来ないが, 微課金と廃課金の境の目安は凡そ月 5 ~ 10 万と思われる。類義語は重課金。
廃兵器レアメタル を用いて エリート 研究員による戦術研究を行い, 火力と耐久性を上限迄引き上げた兵器。現実にはあり得ない戦闘が可能になる。例えば廃兵器は敵の射程圏内での戦闘に於いて, 特定の割合で部隊を構成する全ての ユニット が行動不能にならない場合がある。理由を考えると例え廃兵器であっても戦闘に参加すれば一定の割合で敵の攻撃を受けているものと考えられる。にも関わらず損耗が 0 であるとすると敵の攻撃に対し, 或いは 直撃をも耐え切った事になる。 歩兵の場合どの様な研究をすると戦車砲の直撃を耐え得るのか。恐らく大戦略 web 上最大の謎の一つである。因みに廃兵器の多くは冠に廃兵器の " 廃 " を附して " 廃 ストレラ ", " 廃 Yak " 等と呼ばれるが, 廃歩兵は特に ターミネーター と呼ばれる。
爆撃機敵勢力そのものや軍需施設等の戦術的な標的を空中より選択的に攻撃する ( = 戦術爆撃 ) , 或いは戦略上の拠点, 乃ち経済力の中心となる都市や特定の部隊を管轄する司令部等の機能を喪失, 弱体化させる, 又は占領する為に空中より無差別による火力支援を敢行する ( = 戦略爆撃、航空阻止 ) 事を企図して運用される軍用機の一つ。耐久力が優れており, また占領可能兵器の為に対地戦闘に於ける戦果は十分に見込めるが, コストパフォーマンスという観点からはあまり優秀な兵種とは言えない。加えて対空戦闘に於いては自身の質量が過大である事から仮に対空戦闘用の兵器を搭載しても格闘戦での優位は期待出来ない。因みに戦略爆撃という単語は, 其の意図が目標地点の無力化なのか奪取なのか, というより " だった " のかが政治的な理由で国毎に分かれており, 割合, 批判に晒されているという側面がある。
歯車プロバイダー との データ のやり取りの際に現れる。通信状況が悪くなると回りっぱなしになる事から 「 歯車 オンライン 」, また敬称を付けて 「 歯車様 」 と呼ばれる事もある。ログイン 中の ユーザー 数の増加に比例して回る時間が長くなるものとみられる。
秘書PMC オーナー である プレイヤー を陰になり日向になり, 応援してくれる癒しの存在。初期設定で 「 普通 / ツンデレ 系 / ギャル 系 / 帰国子女系 」 の4人から選べる。尤もそれ程大した活躍はしない。しかも 「 普通 」 以外の3人は日本語 レベル が低過ぎる。一度設定すると エキスパートワールド以外では変更出来ないので注意。
不具合ゲーム 進行に際し, ゲーム の ルール に従わない現象の総称。
物欲 センサーある種の ジンクス である。前提として当 ゲーム 乃ち大戦略 web に於いては確率に基づいて発生する事象が幾つか存在する。例えば テロリスト の現出や戦術強化に於ける火力及び耐久の上昇, 課金 ガチャ での " 引き " 等が此れに当たる。此れ等の現象を望む, 或いは望まない事が当該事象の発生確率に影響が及ぶとする仮説であり, 所謂戦場伝説に匹敵する。恐らく当該の説を補強している最も大きな " 謂れ " は課金者と運営 サイドの利害関係であろう。つまり, 「より高額な課金を行う者が ゲーム を有利に進められる様に運営側が秘密裡に操作しているのではないか 」 という半ば妄想に近い固定観念に由来していると言える。実際に此れを行う事で負う リスク と手間を考えれば仮に打算だけで行動しているとしても殆ど考えられないものの, 言葉とは裏腹に半ば信じている者も決して少なくない。
編制単数または複数の部隊を特定の目的の為に体系化, 及び組織化する事。当 ゲーム に於いては発令所にて此れを行う。最高 6 種類の兵器を 1 つの部隊として編制可能であり, 統制可能機数は隊長である士官の レベル に依存する。1 つの部隊に対して 1 人の士官が配属され, 任務を与えられると当士官を隊長として行動する。Lv 35 に至ると一人で 6,000 弱もの ユニット を運用させる事が出来, 更に アビリティ で 7,600 弱迄増加するので, 発令所の Lv も カンスト させると 1 つの基地が運用出来る ユニット 数は仕様上, 最大で 76,000 弱となる。76,000 人の歩兵なら分からなくもないが, 76,000 隻の大和等, 現実には考えられない様な編制も組む事が出来る。( 因みに当 ゲーム の仕様では艦艇の助数詞が何故か " 機 " となっており, 此れを " 隻 " と呼び替えるのが適切であるとの仮定の上であるが, 2014 年 10 月 28 日現在で基地の最大保有数は 10 箇であり, 大和の乗員は凡そ 3,000 人なので仮に全ての基地で以上の編制を採ると 76,000 × 3,000 × 10 = 2,280,000,000 = 22 億 8,000 万人となる。一方で現在の地球には凡そ 100 億を下回るだけの人間が暮らしており, 当 ゲーム の スケール の大きさが伺える。) 与えられる任務は行軍か待機のみであり, 邀撃, 偵察, 哨戒, 兵站等の細かな任務は与えられず, 作戦の目的は常に自部隊の移動, 敵部隊の撃滅, または占領である。( コンフリクト を除く ) 因みに士官は隊が玉砕しても戦死せず, 行きと同じ速度で配属された基地まで撤兵する。従って士官個人の機動力は必ずしも地形に影響されず, その速度は車両, 或いは航空機並みであると考えられる。又, 「 編成 」 という語も用いられる事があるが, 此れは独立部隊や支隊等の一時的な編制の事であり, 小規模な攻勢作戦や現地で臨時に部隊を改組する場合に用いられる事が多い。但し, 頻繁に再編を行う海空軍や此れ等に類する軍種では当該部隊の規模に依らず編成の語を用いる傾向はある。
報復攻撃された側が攻撃した側にやり返す事。被害者はすぐに報復をしたがる傾向にあるが, 連合に入っていないならば危険。

用語(ま〜も) Edit

用語意味 
魔改造戦術研究で火力と耐久を限界まで改造する事。9K31 ストレラ1や 9K51 グラート 等が主な対象兵器に挙がる。また, 魔改造された兵器は廃兵器と呼ばれる。参考:戦術研究
無課金課金を一切しない事。心情及び経済的理由で此の スタンス を取る ユーザー は, 当 ゲーム に限定すればかなりの割合で存在すると考えられる。対義語は 「 重 / 廃課金 」
メールユーザー 同士が連絡を取り合う際に使う手段の一つ。アップデート で大幅に禁止語句が改善されたので使い易くなった。因みにMMとも呼ばれるが, これは ミニメール の略である。
メンテアタック当 ゲーム は ウェブサーバー を介して提供される サービス である為, 継続して安全且つ円滑な運用を続ける為には ウェブサーバー 本体や麾下の アプリケーション 等に対して常, 又は定期的に メンテナンス を行う必要がある。事実上, 此の目的で毎週水曜日には定期の メンテナンス が行われており, 此の間全ての ユーザー は サーバー に ログイン する事が出来ない。従って メンテナンス が行われる直前に攻勢を掛けると彼方は援軍要請や編成が間に合わずに ログアウト されて何もできなくなってしまう公算が高く, 迎撃が困難, 乃至不可能である。斯様な結果を見込んで水曜日の臨時 メンテナンス 直前に敢行されるあらゆる攻撃を メンテアタック と云う。遠方に存在する敵の基地に対し艦艇を含む部隊を以て攻撃し且つ即時着弾及び即時撤退を行わない場合, 攻撃に参加した部隊は帰投する迄に掛かる時間, 乃ち オーダー とては半日, 或いは全日に渡って拘束されるが, メンテアタック を敢行する者は此の間如何なる反撃も憂慮する必要が無い為に奇襲効果が高い。
モヒ ( る )放置基地 ( ATM ) から資源を略奪する行為。他人に喧嘩を売らないので非常に便利である。尚, 「 モヒ 」 は モヒカン の略語であり, 某世紀末 アニメ でこの髪形をした悪党が跳梁跋扈していた事に由来する。又, 最近は掲示板等に於いて 「 ヒャッハー する 」 といった派生語の使用も見られる。

用語(や〜よ・ら〜ろ・わ) Edit

用語意味 
遊兵戦略, 戦術上の限界に由来する稼働出来ない状態にある兵。例えば多方面に部隊を展開し, その内の一つのみに敵の攻撃が集中した場合, 攻撃を受けなかった部隊は該当の戦闘に参加出来ない状態にある。従って此の例では攻撃を受けなかった部隊に所属する全ての兵は遊兵となる。但し, 予備兵力の事を遊兵とは通常言わない。転じて役に立っていない連合員を詰 ( ナジ ) る時等に準代名詞として用いる。例 : 「 この遊兵が ! 」
ライセンス兵器を作る際に必要な 「 資源 」 。上位機種を生産可能にする為には 下位機種を元に研究所にて ライセンス 開発を行なう必要がある。当 サイト 上に ライセンスツリー があるので参照の事。
陸上戦艦海に接していない基地で運用される戦闘艦。本来海兵器は海岸沿いにある基地でしか運用出来ないが, 本作では海に接していない基地でも展開可能である。耐久性, 回避力共に優秀であるので部隊生存率が非常に高く, 且つ命中率, 火力に優れるので陣地防御で活躍する。併し, ほぼ機動力皆無なので隣り合う Hex に存在する標的以外の勢力への攻勢には用いられない。また, 攻撃を受ける際には陸兵器扱いとなる。例えば 90 式戦車は艦艇に対する命中率が通常 26 であるが, 陸上戦艦の場合には硬兵種の 72 が採用されてしまう。また元々は軍事用語であり、およそ本来の用法では、装甲防護力、衝力、砲撃力の優れた敵陣突破用の兵器、つまり戦車の上位版的な構想を指し、一部の重戦車によって半ば実験的に戦場に投入されたものの、「 ただの的じゃね ? 」 という事が経験的に明らかになるにつれて構想と共に廃れていった。
陸兵器陸兵器とは大まかに定義すれば陸上での運用を基本とする兵器である。併し内火艇等の ( 水陸 ) 両用戦車や ホバークラフト 等の揚陸艦艇, その他自衛隊の94式水際地雷敷設装置等, 海兵器との分類が曖昧なものも多く個々人で若干解釈が異なる。又, 個人である歩兵はそもそも兵器と呼称するべきではないが, 運用上の差が存在しない事から陸兵器として扱われる事も多い。
レポート自軍に生じる様々な出来事を報告するもの。
罠基地対人戦で用いられる戦術拠点の一種。実際の戦争に於いて, 防城戦を敢行する者は敵勢力の排除が著しく困難で後退を余儀なくされた場合に ブービートラップの敷設, 情報の抹消, 施設の破壊等の処置を行う事がある。此れは我勢力が完全に撤退して当該拠点を放棄した後, 敵の侵攻を極力阻害する為に取られる措置であり, その主たる目的は放棄する施設の性能を低下させる事である。( 因みに体重計に仕掛けられたそれは割合有名である ) 同様に本 ゲーム に於いても此れと同じ目的で基地に様々な細工が為される場合があり, 此れ等を総称して罠基地と呼ぶ。最も多用されるのは発令所の存在しない タイプの罠基地であり, 此れを占領させると少なくとも一時的に占領した部隊の動きを完全に封じる事が出来る。詰まり発令所の存在しない基地に於いては部隊が一切編制出来ないので罠基地を占領した部隊は一時的に編制を解かれ, 占領戦に参加した全ての部隊と隊長である士官が拘束される。占領時から一定時間は施設や基地の解体が行えない為に当該部隊に依る反攻の恐れが一切無く, 比較的逆襲が容易である。又, 当該罠基地に対して継続的に攻撃し続けると占領度が回復しない為, 敵部隊の拘束が持続する。現在迄, 罠基地に対する様々な対策が考案されているが, 何れも抜本的とは言えず原則は放置が最良の策と言える。以上の事から罠基地は非常に優れた戦術と云えるが, 罠基地の運用は戦線の延伸と戦争の長期化が懸念される。前線の停滞は資源, 資本と緊張感の維持を強いる為, 攻勢側, 防勢側の双方に於いて粘り強い対応が求められる。
ワールドマップ当 ゲーム の世界地図。此の ゲーム に於ける世界の端迄の絶対距離は中心の ( 0, 0 ) から数えて401 Hex である事から, 理論上, 各 ワールドには 400 × ( 400 + 1 ) × 4 + 1 = 641,601 個の Hex がある。また, 普段は投げ遣りな運営が最初で最後に頑張った所でもある。

用語(英数字) Edit

用語意味
ATM長期間 ログイン されず放置されている基地。報復される事無く資源を奪取出来る事から現金自動預け払い機の略称であるこの言葉が使われるようになった。
BAN利用規約に違反してアカウントが停止される事。BAN にも様々な種類があり, 例えば IDBAN は特定の ID による プレイ を禁止 ( = BAN ) するという意味である。此れに対して IPBAN は特定の IP ( アドレス ) による プレイ を禁止する為, 此れをされると解除されない限りその ゲーム には繋げなくなる。
PCOゲーム 上の解説では『正式名称はPMC管理機構( PMC Control Organization )。』とあるが要するに中の人。
PMC 連合此の ゲーム の中の クラン。公式 サイト 内の自由掲示板には勧誘のお願い スレ が絶えず存在する。
PMC ポイント基地規模や プレイヤー の好戦度を表す数値。基本戦闘せずに基地の育成だけをしている ( = 農耕 ) オーナー は基地規模値とこの数値がほぼ等しいが, 周辺の基地と戦闘している場合, ポイント が加算される為に基地規模値と乖離した数値を表す。

コメント(質問×) Edit

ここは閲覧者の善意により、情報が提供されています。
情報提供者・編集者に感謝し、失礼のないコメントを重ねてお願いします。
ここはゲーム内容についての質問の場ではありません。
■質問は 質問コーナーで してください・・・
■編集連絡/ご意見は 編集連絡コーナーで してください・・・

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 回避バグってもう死語じゃない? -- 2013-01-17 (木) 18:11:50
  • このページ、意外と読んでる人いるのね… -- 2013-01-27 (日) 01:06:00
  • 爆撃機の戦略爆撃について解釈が違うと思う。味方の航空支援などとは別次元の目的、例えば都市の生産能力を削ぐために行うような爆撃など戦略的なものを指すんじゃまいか -- 2013-03-31 (日) 22:56:42
    • 両方あったらしいよ だから両方書いた方が良いね -- 2013-04-08 (月) 00:20:24
    • あと、兵站線は往々にして施設でも何でもないけど、此れを爆撃しても戦略爆撃だよね… -- 2013-04-08 (月) 01:01:34
    • つ 「通商破壊」 -- 2013-04-25 (木) 18:17:08
  • 質問です!陸上兵器艦載の使い方が判りません。教えてください。 -- 2013-04-04 (木) 10:38:33
    • 何で此処に書くの? -- 2013-04-08 (月) 00:17:37
    • ま、いっか 艦艇と同数の陸兵器を同じ部隊に入れれば、陸兵器が水上を機動できるよ -- 2013-04-08 (月) 00:43:25
  • レアメタルを用いてエリート研究員による戦術研究を行い, 火力と耐久性を上限である+10まで引き上げた兵器。現実にはあり得ない戦闘が可能になる。例えば廃兵器は敵の射程圏内での戦闘に於いて, 特定の割合で部隊を構成する全ての機が行動不能にならない場合がある。理由を鑑みると, 廃兵器は一切回避を上昇させていないので全弾回避は考え難い。戦闘に参加すれば一定の割合で敵の攻撃を受けているものと考えられる。それにもかかわらず損耗が0であるとすると, 敵の攻撃に対して, 或いは直撃をも耐え切った事になる。歩兵の場合, どの様な研究をすると戦車砲の直撃を耐え得るのか。恐らく大戦略web上最大の謎である。 -- 2013-07-12 (金) 18:53:08
    • 歩兵が戦車の弾耐えるってwそんなことは某蛇しかできんぞwww -- 2013-07-21 (日) 09:55:55
  • 歩兵が戦車の弾耐え抜くとかくそワロタwww -- 2013-07-12 (金) 18:53:57
  • 始めたばかりでわからないので教えて下さい。テロに攻撃してもすぐ兵器が溶けるので、良い効率的な狩りの仕方を教えて下さい。 -- 2013-08-27 (火) 17:49:38
  • 対テロリスト用おすすめ兵器 という項目を先ずは見るべし! -- 2013-08-27 (火) 19:02:55
  • 潜水艦説明しづらい help!! -- 2013-09-24 (火) 12:48:47
  • ヨッシャ!! 直った!! -- 2013-10-07 (月) 08:06:23
  • ゲーム内の用語集と分けた方がいいのでは?潜水艦の特長とかゲームには関係ないでしょ… -- 2013-11-18 (月) 12:53:16
  • wot でもそれ話題になってるよね -- 2013-11-18 (月) 14:20:31
  • 加害力ってゲーム内で一般的に使われてる?どこぞの連合の方言じゃないの? -- 2014-10-30 (木) 03:10:05
    • 他にもざっと見たら、単に軍事用語並べて悦に入ってるだけの項目多いんじゃ? -- 2014-10-30 (木) 03:12:40
  • 一つ一つ半角カタカナになっているところと、難読漢字のせいで読みづらいと思う。 -- 2015-02-28 (土) 00:01:33
  • ミリオタの見てるものと運営の見てるものがあまりにも違いすぎて悲しくなる用語集だな。ソシャゲとしての大戦略WEBに全く関係のない単なる軍事用語並べて自己満足しても虚しいだろ。運営が悪い。 -- 2015-05-26 (火) 16:07:10
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White